Category Archives: 未分類

WiMAXを利用する事で結果的にかなりの節約なる理由


去年の夏ごろ、携帯会社の見直しをいたしました。月々の携帯利用料がかなりかさみ、そろそろ話題の格安SIMに乗り換えようかと検討していたんです。いくつか携帯会社を調べていて最終的にUQモバイルかマイネオのどちらかにしようかと考えました。しかし格安SIMは今までの通信料の半額以下になる半面、通信量に制限がかかったり、つながりにくい時間帯があったりすると聞き価格が安くなっても使い勝手が悪くなっては意味がないのではと少し躊躇もしました。

そんなふうに迷っている私に携帯会社の方が、手軽に持ち歩けるポケットWi-Fiを一緒に持つのはどうかと薦めてこられました。それがWiMAXでした。手のひらサイズの小ささでもちやすくポケットにも入れられるし面倒な工事も不要。その場ですぐに設定していただけましたしあっという間に繋がりました。それに、もしも地域的なネット環境によって繋がりにくかったりしたときは8日以内なら契約解除もできますよと最初にていねいに教えていただいたので安心して申し込めました。

そのため携帯の料金計約は1番安い2ギガの料金体制にできました。家族4人分変更したのでかなりお得になりました。もう携帯代で家計を圧迫される事もなくなりました。実際に使ってみると家でも外でも快適にインターネットにつなげるところが出来、とても魅力を感じています。もちろんワイヤレスなので配線もいりません。小さいので置き場所にも困りまらないところも良かったです。費用に関してもキャンペーン中だったせいか端末代金は0円でした。月々の利用料もそんなに高くもなく、ギガ放題にしたので以前から繋いでいた自宅のwifiを解約しWiMAXを利用する事にしました。結果的にかなりの節約なりました。ノートパソコンにもつないでみましたが問題なくつなげることができました。

今では外出先でもつながりやすくスマホゲームやアプリも楽しんでます。こんなことならもっと早くに契約すればよかったと思ったほどです。<使っていて気になった点>私は平日は仕事をしてますので通信機器はロッカーに入れておくのですが、朝荷物を置き、昼休みに覗きに行くとWiMAXがかなり熱を持っている事がありました。どうやら電源を入れっぱなしにしていたようで、その間ずっと通信ONになっていたようでした。触ると「あつっ!」と声を出してしまうくらいでした。

ロッカーのような密室的な場所で通気性の悪いビニールの保管用袋に入れていたため、熱がこもって温度が上昇したようでした。バッテリーが爆発したらどうしようとそのときは非常におろおろした覚えがあります。それからは通気性のいいポーチか、またはポケットにそのままいれて持ち歩くようにしています。多少使いすぎると暖かくはなりますが、以前のように触ると熱い!ということはなくなりました。<よかった点>最大のメリットはやはり手軽に持ち歩けるというところです。バッテリーの持ちも良いように感じます・

ネットに関しても地下街やビルの中でも繋がりやすいですし、ギガ邦題ですので通信量を機にせず使えるのイイですね。旅行先などで娘と対戦ゲームをすることもあって、家族で同時にネットを使えるところも素敵です。

よほど山奥にでも行かない限りはネットがつながりにくいと私は感じた事はありません。WiMAXならプロバイダーに加入する必要もないのでその分手軽に始めやすいかと思います。あとオプション(別料金ですが)も充実していて誤ってポケットに入れたまま洋服と一緒に洗濯して水濡れになってしまったときや落として液晶割れになったときなどの端末保障プランもあり、うっかりもの私には万一の時も同一端末を交換可能でしたので安心して利用しています。

SoftBankAirを徹底解剖!メリットやデメリットは?


1番最初に持ったWiFiはWii-MaxポケットWiFiが徐々に浸透している最中に契約。通信制限を超える量使うためと思い使ってみた。正直まだまだWiFiの性能も微妙だった為下手すりゃ携帯のパケ使った方が早いのでは?という感じでした。利点はまあ、通信制限の役に立っただけ。パソコンで繋いでもあまり安定しなかった。

ただ、その当時プリケーだったため、多いに重宝しました。次のポケットWiFiはメーカード忘れしましたがドコモ回線を使用するもので以前のWiiマックスを使っていたよりかはまだ良かったが、通信制限があるWiFiだったため、通信速度が遅くなることもしばしまだ、無制限がなかったので、何とかならないのかちょっと歯がゆい思い出があります。

しばらく1年半?2年程WiFiを持たなかったんですがやっぱり、携帯の通信制限はめんどうに感じある日家電量販店でSoftBankAirを発見。ポケットWiFi持ち歩くのもなんだかな家にいるだけでもと考え契約光回線も先々引越しを考えてるので解約し、パソコンも携帯もSoftBankAirを利用既にWiFiの通信速度もブロードバンドに近いほどとなっており家の中狭い中どこにいても使える環境にはなり便利になったな。

が、キャリアのせいなのか、なんなのかはいささか原因は解りませんが……iPhoneに変えてからよく通信速度はおろか通信自体出来なくなることが……代金未納というはなしではなく…頻繁に起こり2日3日は使わない日が増えた。丁度パソコンも壊れ、ま、しばらく携帯でいいかなんて考えていた。解約して3ヶ月、通信制限はやっぱり大事な事かなと思いさいどUQのWiFiを持つことに、通信制限無制限。iPhoneがわが時々反応しないが今までのものより安定し動画もサクサク見れる。今の持っているWiFiが1番使える。

ただ一つだけ……すぐ本体が熱を持ってしまうだけ。ちょっとこわいんですが……WiFiはやっぱり携帯通信量を抑えるにはとても欠かせないなというのをSoftBankAirを契約した頃からヒシヒシと思うようになりました。今のパケットは30Gの契約だけどなんやかんや携帯触ればあっという間だから、実際WiFiを持ってキャリアのサイトの残量を見ると、全く使ってない月もあり、勿体なく感じる場合もありますが、下げるのもなんかあったら嫌だなとか考えてしまうし、フリーWiFiも使うようにしてなんとか通信量を減らさないように上手くできているようにも思います。

利点としては、やはり携帯でWebを使う際は通信量の節約になるのと、外出先でちょっとパソコン作業をしたい時、苦にならない速度でWebが使えるとこかな。デメリットとしてはやっぱりパソコン利用のブロードバンドよりかは通信速度が落ちるから安定はかなりしなかったりもする。携帯回線(中継回線)利用するから。ちゃんと使いたいならパソコン利用のブロードバンドが遥かに良いのかも知れません。

昨今はフリーWiFiもあるのでまだまだWiFiのプランには速度制限があるプランも存在するするから、上手く使い分け出来るようにはしたいか、もう少し言えばちょっとWiFiの月々が高いかな位でしょうか、無制限と7G制限とのプランも若干?しか変わらない気が。他の方がどんな感じでWiFiを所持しているかは解りませんがブロードバンドplusWiFiなんて契約していたらとんでもない金額になるんじゃないか。

使うならSoftBank光ならWiFiplus980円で利用できて使ってみたがよく通信速度はおろか通信自体出来なくなることが……キャリアのせいなのかな。今後もWiFiは通信制限の為に利用はして行きます。

ポケットWi-Fiの契約では毎月の使用通信量に制限がある?


WiMAXとはアパート、オフィス等で、インターネットの有線回線を敷設する事が不便な場所に、インターネット回線を無線で敷設するための規格です。【ポケットWi-Fiとは?】ポケットWi-FiはWiMAXをWi-Fiに変換する事によって、自分のオフィスや家ではない、カフェ等で、Wi-Fiを自宅やオフィスと同じように使えるようにする装置です。【利用してわかったメリットやデメリット】●メリットポケットWi-FiはポケットWi-Fiを契約すると、自宅のセキュリティが確立されたWi-Fiと同様のインターネット環境を利用する事ができます。外出時にWi-Fi環境を利用する、これと同じような機能に、公共施設や駅等に設置されているオープンな公共Wi-Fiがありますが、これらの公共Wi-Fiは利便性の関係からセキュリティが不十分な部分があります。

ポケットWi-Fiは自分の家やオフィスと同じセキュリティを提供しますので、SNSやオフィスワークを自由に使う事ができます。「ポケットWi-Fiがなくても、インターネットはスマホでも出来る」という意見があると思います。しかし、スマホの狭い画面では出来る事が限られています。その点、ポケットWi-Fiは家やオフィスと同じようにノートPCやタブレットPCを使う事ができます。●デメリットスマホと比べて、使える範囲が狭いという事でしょう。コンクリートの分厚い建物の内部、建物の地下や奥の部分では、電波の状況が悪いので、広告で聞いていたような通信スピードでhが使えません。ですから、ポケットWi-Fiを契約する時には、そのポケットWi-Fiで使える範囲に自分の家、事務所、またよく行く喫茶店や食堂、図書館が含まれているか予め確認しておく事が必要です。ポケットWi-Fiのサービス企業のホームページに、住所を入れるとその場所でポケットWi-Fiが使えるかどうか確認しておく事が必要です。

ポケットWi-Fiはその基地局となるアンテナは主に駅周辺、大都市に集中している傾向があります。ですから、自分がよくいく場所、家、職場が、駅や大都市から離れている、畑の多い場所、過疎地等の場合では通信できない場合があります。そんな場合、ポケットWi-Fiを契約してもお金が無駄になってきます。ポケットWi-Fiは携帯の契約と同じ、二年間とかの契約になってる場合が多く、その契約の更新時期が決まっていて、その更新時期を越えると自動的に更新契約となる場合が多いです。そして、その更新時期以外の時期に契約を解除するとなると、高額な解除費用を請求される場合があります。ですから、更新時期の確認はしておきましょう

。更新時期を2ヶ月前くらいに、競合他者のポケットWi-Fiのちらしやネット広告を見て、割安なポケットWi-Fiを探して、更新時期にさくっと乗り換えるのもいい方法です。カレンダーに印を入れておいて、更新時期が近づいて来たら、他者のパフレットやネット広告をチェックしてみましょうまた、ポケットWi-Fiの通信速度は、「可能な最大速度」で表示されている場合があります。ですから、一箇所で、多数の人が同じ企業のポケットWi-Fiを使ってる場合には、通信速度がその分遅くなる場合があります。

ですから、その速度の減衰を予め覚悟しておく必要があります。ポケットWi-Fiの契約では、毎月の使用通信量に制限がある場合があります。広告には割安の値段が表示されていますが、それは月の通信量が制限のある契約で、それ以上に通信したい場合には、無制限の通信契約が必要で、その場合には他の会社と比べて割高だったという事もあります。インターネットのSNSやオンラインゲームなどでは、膨大な通信量をやりとりする場合があり、その為に、通信量に制限があると、快適なゲームやSNSを楽しむ事が出来ないという可能性もあります。ですから、契約の時には、自分は何をしたいか、その為に必要な通信量は、毎月どのくらいになるか、確認してから契約することが必要でしょう。

WiMAXのデメリットはバッテリーの問題!解決方法は?

スマートフォンやiPadなどの端末でよくインターネットをする、動画を見る人はたくさんいる事でしょう。常にWiFiがあるかどうかを確認しなければならないのは、非常にストレスにならないでしょうか?無料のWiFiスポットを探したとしても、多くのスポットには時間制限があります。加えて速度も遅くかえってイライラする事もあるでしょう。

そういう時にお勧めしたいのが、ポケットWiFiです。ポケットWiFiの使い方は、まずポケットWiFiを取り扱っている代理店などに行き、ルーターを購入するかまたはレンタルします。そして月にどのくらい通信するかを相談し、契約の運びとなります。問題がなければその日から通信出来ますので、非常に便利です。このルーターが常にWiFiの電波を飛ばしてくれます。一度手持ちのデバイスに認識させ、パスワードを入力してしまえばあとは使い放題です。

プランの内容によりますが、通常のインターネットのみだけ利用したいという場合であれば、どこでもストレスフリーでアクセスでき、しかも通信制限などはかかりません。筆者が実際に使用しているポケットWiFiは、NECのWX04です。ハイスピードモードと、携帯の4G帯も利用できるハイスピードプラスエリアモードが搭載されていますが、通常のインターネットであればほとんどハイスピードモードで問題ありません。そのため月額使用料だけでいつでも、どこでもインターネットにアクセス出来ます。どこでもアクセスできるというのは実はとても便利です。

たとえばアルバイトの応募。現在はオンラインでの応募がほとんどですが、ネット接続が出来なければその場で人気のアルバイトに応募する!なんて出来ません。こういった「すぐにネットに接続したい!」を解消してくれるのが、ポケットWiFiの良いところです。ポケットWiFiの利用する際に気をつけたいことは、やはりバッテリーの問題です。今はかなり充電がもつようになりましたが、それでもルーターは使用するだけでかなりの電気を消費します。室内や決まった場所で利用するのであれば、電源に直接つないで使用する事をお勧めします。

WX04はエコモードであれば16時間、通常でも8時間利用できるとなっていますが、使用が長時間になればなるほどこの時間は短くなります。

むしろ、予備電源を確保せず使用するのは無茶な事です。途中で接続が途切れてしまっては、結局パケットを購入するなどの課金が発生します。それを防ぐためにも、ルーターの電源だけはいつでも確保できるようにしておくことが肝要です。個人的な盲点かもしれませんが、ポケットWiFiの使用の際に気をつけたいのは「紛失」です。今のルーターはかなり小さいです。うっかり会社に置き忘れ、喫茶店に忘れなど小さいゆえに落としたり紛失したりしやすい傾向があります

快適なWiFi空間に慣れてしまい、ポケットWiFiルーターの存在を忘れてしまうのです。特に急いでいるときや、急用が入って移動しなければならない時は、まずルーターを確保する事をお勧めします。また、車内などに落とした場合、小さいので非常に見つけにくいです。落下防止のためにも、電源ケーブルを使って落ちないように工夫しておく、あるいはカバンからすぐに取り出せるように何かをつけておく、など小さくても拾いやすい、手に取りやすい工夫をしておく事をお勧めします。筆者は一度、夜間の車内に落としてしまったことがあります。

その際は、見つけにくくて大変苦労しました。電源の減りも気になりますし、いい事はありません。機械になにかトラブルがあっても嫌なので、ルーターは大切に扱う事を心がけましょう。

WiMAXは22か月以上の使用のユーザーは無料で最新機種と交換?


WiMAXは日本では2009年よりスタートしたKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスの提供をしています。無線なので有線のサービスと比べてしまうと安定感は弱いのですが電波環境によっては光回線に引けを取らないくらい快適に使用が可能です。スペックの高いWiMAXですが、スマホで使っているLTE回線ほど多くは普及していません。公式発表によると現在の利用者数は2500万人を超えたとの事ですのでサービスが始まってから10年間で、急速に利用者が伸び始めています。

ポケットWi-Fiとは?コンセントから電源を取り、持ち運ぶ事出来ない自宅用とは異なりWi-Fi充電式の持ち運びが可能なポケットサイズのWi-Fi端末機器の事をポケットWi-Fiと呼びます。場所を問わず外でもWi-Fiの利用が出来る利便性から利用者も増加傾向にあります。充電もUSBからする事が出来るので外出時でも安心して高速通信を楽しむ事が出来ます。私も外出時には手放せない物の一つとなりました。・利用してわかったメリットやデメリットメリットWiMAXは工事が不要。私の家では光回線を繋ぐ為には工事が必要と診断され、その工事費用も自己負担で2万円程かかると見積を頂きました。

また、光回線でもマンションによって最高速度がどこまででるか が決まっているようで私のマンションは一番遅い速度でした。それなのに2万円は払えない。。。と考え工事の必要がないWiMAXの契約を検討しました。通信制限がかかりにくい。通信制限。現代社会において通信制限はかなり厳しいですよね。ただ、毎回課金して復活させるのにも費用が掛かりすぎてしまいます。しかしWiMAXでは通信制限にかなり、なりにくい制度となっています。

他社様では5ギガまで、ですとか10ギガまでといった縛りがあるもののWiMAXでは3日間で10ギガバイト以上で通信制限という制限なのでかなりの使用頻度でも、なかなか到達しない為ほぼ、縛りなしで使用する事が出来ます。私自身、毎日youtube等、動画サイトをかなりの時間、見ていますし自宅で音楽を流すのもPCから動画サイトを使って流していますが動画の画質を少し下げたりして使っている為速度制限になった事がございません。

利用料金もコスパが良い。他社の携帯で7ギガほどで4000~5000円程しますがWiMAXでは3日で10ギガの縛りはあるものの事実上使い放題で4380円とかなり良心的な価格帯となっている。auのユーザーであれば1000円OFFとなるようです。

私の場合は格安SIMの携帯を契約し殆どWi-Fiを使用して使い併せても携帯代が6000円程です。家のPCも携帯も家でも外でもWi-Fiを使えてこの値段はかなりお得だと言える。機種変更が無料で出来る。どうしても次から次へと最新機種がでる業界ですが中々、最新モデルに切り替えるとなると金額的にも手が出ずらいのですがWiMAXでは22か月以上の使用のユーザーは無料で最新機種と交換して頂けます。

機種によっては速度や充電の持つ時間等のスペックも変わってきますし2年近く過ぎればかなりラインナップも変わっていて選ぶのも楽しいですよね。デメリットとして違約金がある。原則契約は3年間となっていて、それに満たない場合の解約は違約金が発生する。

初月~13カ月目19,000円14カ月~25か月目 14,000円26カ月目~37カ月目 9,500円以降解約月以外9,500円3年過ぎても自動更新なので契約月でなければ、違約金が発生してしまいます。その為、契約時は契約月を覚えておくとよ良いでしょう。現在WiMAXに対抗するものが個人的には無いのであまり関係ないですが覚えておいて損は無いです。

WiMAXのエリアによっては繋がらないという事情を解決させるための手段


WiMAXなんですが、使っている方なら知っているかと思いますがものすごく通信が安定しない場所があります。例えば地下とか鉄塔などがそうでして電波が飛んでくる際、遮断する可能性があるエリアですと電波が飛んでこないことが多く、繋がり難いです。そこで、LTEオプションという物があるんですが、このオプションは主に電波が届かない地下とか鉄塔があるエリアなんかでもauの電話回線の4g大域を使用して通信をすることができauの携帯を持っている人なら加入できるサービスです。メリットとしては電波が届かないエリアに住んでいても電波が届きますので私のように電波等が近くにある場合でも電波は届きます。

これが最大の利点になりますがデメリットもそれ相応にありまして、まず、これ、ギガ放題で上限が無いプランに加入していてもLTE通信の方に制限が入ります。このことはものすごく小さい字でUQWiMAXの公式ページに注意書きとして書かれていますが何故大きな字で書いていないのかは疑問です。ちなみにせ速度制限されるとそのつきはずっと低速な速度になりますのでこのプランはどちらかというと普段、あまりネットをしない人がたまにネットを使用して調べ物をするといった目的で使用するプランでしょう。ただ、WiMAX特有のエリアによっては繋がらないという事情を解決させるための一種の手段ですので加入するかどうかについては各自の判断になります。

ですが、注意点としては、このオプション、WiMAXの契約が2年・3年・4年でしてオプションを変更する際最低でも3んえんしようしないと解約手数料が掛かりますので注意が必要です。WiMAXが入らないエリアに移動した際には絶対に必要になるオプションですが、こちらのオプションは出張が多い人ではない限りは特に必要ないように思いました。ただ、通信速度は飛躍的に速くなるため通信速度を重視するのであれば必要なオプションでWiMAXのwifiの速度+auの回線速度が足し算されて速度が上がりますのでかなり速度は速かったです。

転勤を繰り返す自分としては場所によってまったく入らないエリアでWiMAXを使用することもあったためどうしても会社などに連絡をメールなどでする際には重宝しましたが、やはり動画などを見ることができないというのは痛いです。

動画とかを見てしまうとあっという間に速度を制限されてしまうため、メールくらいなら問題はないのですが、動画を送ったり、写真を会社に添付したメールを送る際、途中で送信が中断されることもあり、いざという時使用できなくなることもあるためできるだけLTEを使用しないなどをして回線が安定している場所を探して制限を越えないようにするなどのやりくりが大変でした。LTEオプションの通信とWiMAXの通信が別々であるためできるだけWiMAXの電波が入る場所で通信して入らない場合、LTEオプションを使いLTEの速度が落ちないように調整をすることがとても難しいです。

逆にWiMAXの電波が良く入るエリアならLTEは要らないんじゃあと感じますが、私の場合何処に転勤をするか分らないため一応加入していないと万が一WiMAXの方の電波が届かない場所に転勤するとauの電波の方を頼らないといけないためLTEオプションに加入するしかないです。このオプション、WiMAXの電波とLTEの電波が別々なのでごっちゃになりやすく、間違ってLTEの方で通信した際にはLTEの速度を制限されまして制限が次の月まで続きますのでその間、出張とかで移動をした災難かは最悪です。

事前に出張先がWiMAXが入るかどうかが確認出来ればそれほど問題はないんですが、あくまでも電波が届くかどうかしか確認できないので速度についてはWiMAXの電波のエリアを確認するサイトはあまり意味が無いように感じます。

WiMAXのポケットWi-Fiはデメリットだらけ?


ポケットWi-Fiについて私のもっているポケットWi-Fiについての意見はやや昔に使ったことがあるという前提での話が多めになるのでそのあたりご承知おき下さい。かれこれ8年ほど前、iPhoneに変えた際付属で契約させられた、初めは使い方もよくわからず放置していたが、当時住んでいた家にWi-Fiがなかったため、ネット契約していないiPadをてにいれてから活躍してもらうようになる、速度的には今考えるとそれほど早いものではなかったように思えますが、それでもiPadをつなぐことができるという状況に満足していました、あまり持ち運びはしませんでしたが、あまり長く住むつもりのない生活ではなかなか便利だと思いました。

 

今後余り物を持たない生活をする人などにはいいものなのか、もしくは必須アイテムなのではないかなとも思いました。その後結婚し、引っ越した先でポケットWi-FiではないちゃんとしたWi-Fiを引いたため契約を解消しました。家族で使うということを考慮するとやはり不足することがあるのではないかと不安に思え、またほっておくとすぐバッテリーが切れてしまうということがありなかなか使い勝手についてはどうかなと思っていましたが、あったらあったで外出先などで使っていたのではないかと思いました。

この当時はまだYouTubeなどもスマホからはあまり使っておらず、アマゾンプライムの動画などの大型動画、アップルミュージックなどもあまり使っていたなかった状況でそんな時代であったから速度の遅いポケットWi-Fiでも特に不足なく使っていたのかもしれませんが、現在では同じものを使っていたらすぐに不足だらけになっていたかもしれませんが、現代のポケットWi-Fiであるならば大丈夫かなと思いました。

 

個人的におもったメリットとデメリットとしては、メリットとして、緊急時・自由が利かない状況・持ち運び・フットワークの軽さなどがあると思いました。デメリットとして値段・スピード・安定性に不安があると思いました。

 

また現在介護職をやっているのですが、老人ホームにて比較的介護度の低い、しっかりした老人がポケットWi-Fiを使っているケースが見受けられます、老人にとってはスピードよりも値段よりなによりも老人ホームという隔絶社会に入れられてしまっている状況から、すこしでも外界との接触を持ちたいという方であるならば、ポケットWi-Fiがこの上なく救いのネット環境になるため、今後の使用についてこの方向については非常に幅広く広がって行くのではないかと思いました。入院中や、長期出張などのやむをえぬ事態になってネット環境を守るときにもやはり必須なものかと思いました。

 

特に入院中は長い場合はなんとかしてネット環境がほしいことが多いと思うので、そんな状況でもなんとか契約できたりできるポケットWi-Fiがあるといろんな方面から重宝されるのではないかと思いました。今後パソコンに親しんだ世代、とくに団塊の世代なども老人となり老人ホームなどに入居する例も多く見受けられると思います。

 

団塊の世代はパソコンを嫌う傾向があると思われていますが、意外とそうではなく、好きな方はかなり終日YouTubeなどを楽しんでいる方が多いようです。そうした方はもし老人ホームなどに入居することになってしまうなどしたら、なんとかしてネット環境を作りたいと思います。そんな時ポケットWi-Fiは必ず大きな存在感を示すことができるのではないでしょうか、

 

高齢化社会が進んでいく現代の日本においてポケットWi-Fiは進み方さえ間違えなければ道具としての未来は明るいのではないかと思いました。

UQモバイルのWiMAXのメリット・デメリットは悪い?

現在はイオ光を使っていますが以前は、UQモバイルのWiMAXを使用し、家でWi-Fiを使用しておりました。以前使用していて、メリット、デメリットを書かせていただきます。WiMAXのメリットとしての一番はやはり金額面だと考えます。

WiMAXの場合月々が大体4000円強でした、光が大体5000円強、約1000程度光とは差額があり、光と比べて年間でいくと12000円の節約になりました。また通信速度が光に比べて通信速度が遅いといわれていますが、主に私の使用がインターネットの閲覧、youtube等動画サイトの閲覧だけだった為、あまり障害等はありませんでした。

しかし、たまに通信が途切れることがあり少し使いずらい点がありました。そして家を移り住むことがあり、契約変更が無しに移動できるというメリットがありました。しかし、その家に移り住んだ時に問題があり、やむなく光の乗り換えました。

問題というのが、通信できなくなるということです。移り住む前の家ではたまに通信できなくなる事があり、電源のON/OFF、電源の抜き差しで復旧していましたが、家を移り住んだところではすぐに通信が途切れてしまい、ネットサーフィンをするのにも支障がでました。

サポートに電話しましたが、具体的な改善策がでない、家により通信できなくなる事があるのは当たり前だと言われました。ですので他の通信サービス、機器の変更を考えましたがUQモバイルでは機器のお試し等ができないとの事で悩みましたが光に変更しました。

変更する際も2年縛りがあり解約するのにも違約金がかかったり、最後はいい思い出が無いのが現実です。そして光にしましたが光を使用してみてWiMAXの悪いところがとても見えてきました。まず通信速度が全然違います。前述では通信速度は問題ないと記載しましたが、光と比べるとやはり遅い通信速度の波があるといいましょうか、

通信が遅い時、早い時では快適さが全然違うということ、その点、光は常に一定の通信速度があり快適に使うことができました。家を移住する人がないという方は1000強円高いですが光にしたほうがいいかもしれません(光は1年はキャンペーンがありWiMAXより通信費が安くなった時期もあります)ただ光はすぐに使用できない(工事があり、繁忙期には工事待ちがありかなりの時間を要することがある)値段が高いというデメリットがあります。WiMAXのメリット、デメリットのまとめメリット・値段が安い・初期工事が必要がない(光の場合必要、*マンションやアパートの場合必要なしの場合もある)・引っ越し時の手続きが簡単デメリット・通信速度が一定でない(通信速度が遅い、使用できない時がある)・移住する場所が通信できない時がある。・通信を使いすぎると通信制限がかかってしまう。

サポートの対応が悪い(イオ光等と比べて対応が悪く感じた)

はじめは使用していて、問題は感じませんでしたが光を使用し、かなりの不便を感じました。WiMAXが向いている方はあまりネットをしないがインターネットの閲覧をたまにパソコンでおこないたい方という方がむいているのではないでしょうか?また私見といたしましては家族で使用するのであれば光にしたほうが無難に思います。

一人暮らしの方はポケットWi-Fiをもっていたほうが使いやすいように思いますし、WiMAXは家族で使用し通信費を少しでも押さえたいという方が使用するという限定的な使い方になってしまうと思います。特にゲームなどで通信する方は絶対に使用しないほうがよいと思います。一度だけ使用しましたがまともにうごきませんでしたので、、、