ポケットWi-Fiの契約では毎月の使用通信量に制限がある?


WiMAXとはアパート、オフィス等で、インターネットの有線回線を敷設する事が不便な場所に、インターネット回線を無線で敷設するための規格です。【ポケットWi-Fiとは?】ポケットWi-FiはWiMAXをWi-Fiに変換する事によって、自分のオフィスや家ではない、カフェ等で、Wi-Fiを自宅やオフィスと同じように使えるようにする装置です。【利用してわかったメリットやデメリット】●メリットポケットWi-FiはポケットWi-Fiを契約すると、自宅のセキュリティが確立されたWi-Fiと同様のインターネット環境を利用する事ができます。外出時にWi-Fi環境を利用する、これと同じような機能に、公共施設や駅等に設置されているオープンな公共Wi-Fiがありますが、これらの公共Wi-Fiは利便性の関係からセキュリティが不十分な部分があります。

ポケットWi-Fiは自分の家やオフィスと同じセキュリティを提供しますので、SNSやオフィスワークを自由に使う事ができます。「ポケットWi-Fiがなくても、インターネットはスマホでも出来る」という意見があると思います。しかし、スマホの狭い画面では出来る事が限られています。その点、ポケットWi-Fiは家やオフィスと同じようにノートPCやタブレットPCを使う事ができます。●デメリットスマホと比べて、使える範囲が狭いという事でしょう。コンクリートの分厚い建物の内部、建物の地下や奥の部分では、電波の状況が悪いので、広告で聞いていたような通信スピードでhが使えません。ですから、ポケットWi-Fiを契約する時には、そのポケットWi-Fiで使える範囲に自分の家、事務所、またよく行く喫茶店や食堂、図書館が含まれているか予め確認しておく事が必要です。ポケットWi-Fiのサービス企業のホームページに、住所を入れるとその場所でポケットWi-Fiが使えるかどうか確認しておく事が必要です。

ポケットWi-Fiはその基地局となるアンテナは主に駅周辺、大都市に集中している傾向があります。ですから、自分がよくいく場所、家、職場が、駅や大都市から離れている、畑の多い場所、過疎地等の場合では通信できない場合があります。そんな場合、ポケットWi-Fiを契約してもお金が無駄になってきます。ポケットWi-Fiは携帯の契約と同じ、二年間とかの契約になってる場合が多く、その契約の更新時期が決まっていて、その更新時期を越えると自動的に更新契約となる場合が多いです。そして、その更新時期以外の時期に契約を解除するとなると、高額な解除費用を請求される場合があります。ですから、更新時期の確認はしておきましょう

。更新時期を2ヶ月前くらいに、競合他者のポケットWi-Fiのちらしやネット広告を見て、割安なポケットWi-Fiを探して、更新時期にさくっと乗り換えるのもいい方法です。カレンダーに印を入れておいて、更新時期が近づいて来たら、他者のパフレットやネット広告をチェックしてみましょうまた、ポケットWi-Fiの通信速度は、「可能な最大速度」で表示されている場合があります。ですから、一箇所で、多数の人が同じ企業のポケットWi-Fiを使ってる場合には、通信速度がその分遅くなる場合があります。

ですから、その速度の減衰を予め覚悟しておく必要があります。ポケットWi-Fiの契約では、毎月の使用通信量に制限がある場合があります。広告には割安の値段が表示されていますが、それは月の通信量が制限のある契約で、それ以上に通信したい場合には、無制限の通信契約が必要で、その場合には他の会社と比べて割高だったという事もあります。インターネットのSNSやオンラインゲームなどでは、膨大な通信量をやりとりする場合があり、その為に、通信量に制限があると、快適なゲームやSNSを楽しむ事が出来ないという可能性もあります。ですから、契約の時には、自分は何をしたいか、その為に必要な通信量は、毎月どのくらいになるか、確認してから契約することが必要でしょう。